エアアジアインディアA320(LCC)搭乗記:デリー→グワハティ

航空会社:エアアジアインディア
便名:I5 2771
フライト区間:デリー→グワハティ
日付:2016年2月27日(土)
予定出発時刻:07:15発
予定到着時刻:09:40着
機種:エアバスA320
機材番号:VT-RED
機材導入日:2013年10月2日

ずっと興味のあったインド国内線の航空会社がエアアジアインディア。エアアジアは元々マレーシア発のLCCで今やマレーシアの他にもタイ、インドネシア、そして日本でも子会社があります。エアアジアインディアはまた参入が新しく、2014年の6月に最初のフライトが運航したぐらいでまだ誕生してから2年も経過していません。

エアアジアインディアはインド初の外資系航空会社です。とは言っても、インドの法律面から100%の外資資本で運営できず、株式の4割はタタ・グループが保有しています。

エアアジアは低価格、機内食の美味しさ、サービスの良さが好評で、成長が著しいです。エアアジアインディアも価格面はすごく重視し、大抵同路線の他社よりも安い航空運賃を提供している場合が多いです。

ずっと利用したかったのですが、まだ新しい航空会社であまり路線が多くないため、中々チャンスがありませんでしたが今回は協力会社オーナーの結婚式参加のためにちょうど最寄り空港へデリーから飛んでいたため、優先してエアアジアを選びました。

これで、インドの主要航空会社7社はすべて体験済みです。

まずはデリー空港から。LCCですが、第3ターミナルの出発です。LCC=第1ターミナルだと思って勘違いしやすいので、注意が必要です。

チェックインカウンター
チェックインカウンター
搭乗券
搭乗券

チェックインは非常にスムーズ。カウンターでチケットとパスポートを預ける時、手を合わせて「ナマステー」と元気よく挨拶してくれました。良い印象です。今回は事前にオンラインチェックインを済ませておき、窓際を選びました。この路線は晴れていればヒマラヤ山脈が綺麗に見えます。

デリー空港第3ターミナルトランジットエリア
デリー空港第3ターミナルトランジットエリア

さて、今回のグワハティ行きはターミナルの一番端から出発!デリー空港第3ターミナルは世界有数の巨大空港ビル(でかさでは世界トップ10に入ります)ですが、それを実感しました。動く歩道を乗り継いで乗り継いでやっと15分~20分程歩いて着きました。第3ターミナルは広々として良いのですが、この長距離移動がたまにネックです。大体、需要のあるムンバイ路線は一番セキュリティーチェックに近いゲートから出発しますが、今回の様なグワハティ行きは端に追いやられるのでしょうか。

デリー空港第3ターミナルの端
デリー空港第3ターミナルの端
エアアジア機
エアアジア機

時間通りにボーディング。

搭乗の様子
搭乗の様子

機内に入ります。搭乗時、クルーは書類を記入していて挨拶がありませんでした。ここで挨拶がある、ないで大分その航空会社の印象が変わります。最初が肝心が言うのは正しいです。

エアアジア機内
エアアジア機内

最初の何列か赤いシートカバーがされていました。通常より若干ピッチが広い有料席です。

エアアジアのシート
エアアジアのシート
エアアジア機内後部
エアアジア機内後部

僕の座席は23A。

エアアジア23列目のシート
エアアジア23列目のシート
シートピッチ
シートピッチ

シートピッチはかなり狭いです。さすが低価格で競っているだけあり、今まで乗ったインド国内線の航空会社で一番狭いです(ゴーエアと同じぐらい)。これだったら、数百ルピープラスして有料席にした方が良いです。

シートポケットに入っているのは結構充実していました。安全のしおりの他に、機内マガジン、ショッピングカタログ、そして機内食メニューがありました。

エアアジアのシートポケット内雑誌やカタログ
エアアジアのシートポケット内雑誌やカタログ
エアアジア機内食メニュー
エアアジア機内食メニュー
エアアジア機内食メニュー
エアアジア機内食メニュー
エアアジア機内食メニュー
エアアジア機内食メニュー
エアアジア機内食メニュー
エアアジア機内食メニュー

エアアジアは機内食が美味しい事で有名です。有料ですが、幅広いチョイスがあり、エアアジア・タイやエアアジア(マレーシア)だと色々なカップヌードルのオプションがあったり、値段もお手頃。

フライトは定刻通りに出発。

デリー空港の夜明け
デリー空港の夜明け

離陸してすぐに機内食になりました。ホットミールにすごく興味があったので、クルーに聞いたら結構色々なオプションがあり、迷いました。インディゴやゴーエア等はホットミールを提供していなく、サンドイッチが中心になりますがこのエアアジアインディアのホットミールのチョイスが豊富なのはありがたいです。

僕はタイ風チキングリーンカレーを選びました。

エアアジアインディアのタイ風チキングリーンカレー
エアアジアインディアのタイ風チキングリーンカレー
タイ風チキングリーンカレー
タイ風チキングリーンカレー

同僚は欧風チキンを。

エアアジアインディアの欧風チキン
エアアジアインディアの欧風チキン
欧風チキン
欧風チキン

さすが、東南アジア発祥の航空会社だけあり、チキングリーンカレーは正解でした。結構美味しく、チキンもジューシー。ただ、「新鮮な食事」と言うよりも、どちらかと言うと「レトルトを温めた食事」です。レトルトだったとしても十分に満足いく機内食でした。同僚の欧風チキンも結構イケたそうです。

ジューシーなチキン
ジューシーなチキン

さて、エアアジアと言うと真っ赤でフィットした制服で有名ですが、エアアジアインディアも一緒の制服。結構短いスカートはインドでは新鮮です。クルーはテキパキ動き、愛想も良かったです。

エアアジアインディアのクルー
エアアジアインディアのクルー
インド エアアジア:エアアジアインディアのクルー
エアアジアインディアのクルー
エアアジアインディアのクルー
エアアジアインディアのクルー

窓の外は、ヒマラヤ山脈が。デリーを離陸して1時間半ぐらいするとエベレスト山とカンチェンジュンガの前を通り、その迫力は素晴らしいです。

エベレスト山
エベレスト山
エベレスト山
エベレスト山
カンチェンジュンガ
カンチェンジュンガ
カンチェンジュンガ
カンチェンジュンガ

カンチェンジュンガを超えると、着陸態勢に入ります。眼下には、大河ブラーマプトラ川が流れていました。

ブラーマプトラ川
ブラーマプトラ川
グワハティ近辺
グワハティ近辺

予定より10分程早く到着しました。降りるときはちゃんとクルーから挨拶がありました。こちらもThank Youを言って降りました。預け荷物もすぐに出てきました。

グワハティ空港
グワハティ空港

初体験のエアアジアインディアですが、結構好印象です。料金が安いだけではなく、クルーの雰囲気も良く、機内食も満足。座席が狭い事がネックですが、多少の追加料金でピッチの広い座席を選べば良いだけの話です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top