母校ニューデリーのアメリカンスクールへ潜入!

南ア旅行が終わって一週間後、今度はアメリカから高校時代の親友C君がインドを訪れました。一緒に母校のアメリカン・エンバシー・スクール(AES)へ久しぶりに訪問。僕は一度4年前に他の同級生と訪問しましたが、C君は10年ぶり。

卒業した15年前と比べるとかなり変化しました。まず高校(ハイスクール)は大きなビルになった校舎ができ、マスコットだった鷹が虎へ変わり、お洒落なカフェができる等。。。まるで別の学校に来ている様でした。幸い、まだ昔ながらの名残はあります。特に、ハイスクールの図書館は1960年代から変わらない建物で、昔と今がバランス良く混ぜ合わっています。

インド デリー アメリカンスクール:名残のあるハイスクールオフィス
名残のあるハイスクールオフィス
アートギャラリー
アートギャラリー
丁度卒業する年にできたロッククライミング
丁度卒業する年にできたロッククライミング

ちなみにこのロッククライミングはC君が当時クラブ最初の部長を務めていました。彼にとって思い出深い場所です。

昔からある校庭のガジュマルの木
昔からある校庭のガジュマルの木
体育館
体育館
5番ゲートあたりの昔から変わらぬ光景
5番ゲートあたりの昔から変わらぬ光景
プール
プール
中学(ミドルスクール)ビルから眺める校内
中学(ミドルスクール)ビルから眺める校内
ハイスクールのカフェ
ハイスクールのカフェ
見違えた新ハイスクール校舎
見違えた新ハイスクール校舎
手前がミドルスクール校舎
手前がミドルスクール校舎
AES入口
AES入口

思い出たっぷりのAES。AESでできた友情は一生ものです。インドという国は人間関係を深くしてくれると思います。当時はインターナショナルな世界でしたが、今仕事柄インド在住の日本人と多く関わっていても、やはり同じ日本人同士でも「インド繫がり」というのは大きいです。たぶんキャラを濃くしてくれるので、人間関係が楽しくなるのでしょうね(笑)。

AESはちなみにとても教育レベルの高い学校です。7年前はとある雑誌でAESが世界にあるベスト高校ナンバー1に選ばれました。2番目はイギリスのイートン。インド系の生徒がとても頭が良く、才能がありクオリティーの高さを上げています。個人的にも大学より全然高校最後の2年の方が勉強が大変でした(汗)。

一応アメリカ大使館の敷地のため、現在では敷地内に入るには事前にアポが必要です。今回も前日に電話をして時間指定で呼ばれました。昔は部外者でも自由に入れる学校だったので、テロ警戒のためのセキュリティーは年々厳しくなってきています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年からインドで販売が開始された伊勢の卵

(悲報)イセ食品の卵が生産停止

デリー生活のライフラインであったイセ食品の卵。 インドで唯一TKGが安心して食べられる卵であったイセ食品の卵。 先日はこれを目的に大和屋へ行ったのですが、売り切れ? 数日経ってからもう二度手間したくな

もっと読む>
改装前の成田空港サクララウンジ

日系航空会社の異常事態

通常、航空会社上級会員の期間は条件達成後1〜2年を付与され、その間に基準を達成しないと更新はできません。 でも、世界的にも珍しいケースはそうしなくても、カード会費を支払う事で永久的に上級ステータスを維

もっと読む>
届けられた胃薬

インドの食あたりに最強の胃薬

時々起こる食当たり。以前はカルボナーラパスタに使用したインドの生卵(まだ伊勢の卵がインドに上陸するはるか前)がしっかり調理されていない状態で食べて散々な目に遭ってから、インドの胃薬(整腸剤および抗生物

もっと読む>
すしまるオリジナルキーマカレー

インド料理は油が命

世界で一番うまいインド料理は自分で作るキーマカレーと確信しています(笑)。 インド料理は家庭料理が本気でうまいのが多いのですが、外食で正直そこまで絶賛できるカレーは無いです。一般レストランのカレーは味

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top