遂に日本からブータンへ直行便開設!?

「幸福の国」で知られるブータン。

遂に、成田から直行便開設が決定した様です。2020年9月2日から週2便で就航予定(成田初便は3日から)。まだ一年先なので、また変更の余地大ありですね。

航空会社はブータン国営のドゥルックエアー。ナローボディーのA319で頑張ってはるばるバンコク経由で渡来。

ドゥルックエアー 成田:ドゥルックエアーA319機
コルカタ空港を出発するドゥルックエアーA319機

驚くのは発着の時間帯。あり得ない成田深夜着・早朝発なので、成田空港とドゥルックエアーが秘密の契約をしているか、ただ単に適当にスケジュールを作り上げただけかもしれない(→おそらく後者)。

その興味深いスケジュール※:
※Routesonline.comの情報に基づいて

成田→パロ
月木 成田(04:00発)→バンコク(07:35着・08:35発)→パロ(10:50着)9時間50分

パロ→成田
水日 パロ(11:30発)→バンコク(15:50着・16:50発)→成田(翌00:25着)9時間55分

現在、ドゥルックエアーの就航地は※:
※ウィキペディアを参考

〇タイ:バンコク
〇シンガポール
〇インド:コルカタ、バグドグラ、グワハティ、デリー、ムンバイ(季節運航)、ガヤ(季節運航)
〇バングラデシュ:ダッカ
〇ネパール:カトマンズ
〇ブータン国内:パロ(ハブ)、タシガン、ジャカール、ゲレプー

シンガポールを除いて他はすべてパロからノンストップで3時間半圏内。

例外的に長距離の成田便は正直冒険だと思うけど、ブータン王室と天皇家は密接な関係だし、ブータン国王・王妃新婚旅行も日本だったし、日本人観光客も多く訪れる事だから意外に成功するかな?

僕も24年前に家族旅行でデリー→パロ→ダッカ→バンコクというルートで飛んだことあるけど、当時はBAe146機という機体。パロ空港は「世界で最も危険な着陸スポット」と呼ばれ、それを反映するかのように到着前は機体が山すれすれで45度の急降下で着陸したいたのを思い出します。当時のブータンはまだテレビ放送も無かった時代。今はかなり変わった様ですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top