アディスアベバ空港エチオピア航空ラウンジ訪問記

空港都市:アディスアベバ
空港名:ボレ国際空港
ターミナル・コンコース:2
ラウンジ運営航空会社:エチオピア航空
ラウンジ名:シェバクラウドナインラウンジ、及びシェバプラチナ・スターゴールドラウンジ
ラウンジ利用日:2022年4月19日(火)、2022年5月7日(土)
ラウンジ利用時間:06:00~11:00頃
ラウンジ利用時の混雑状況:大分混雑している(08:00頃ピーク)→徐々に空く

<素敵なラウンジへ変化!>

結論から言うと、以前の狭くて暗いクラウドナインラウンジスターゴールドラウンジとは見違える程、かなり大幅にアップグレードしてとても立派なラウンジになりました。

今回は、2つのラウンジの訪問記を一つに纏めます。ほぼ、内装や提供するものが共通しているからです。

*シェバクラウドナインラウンジ:エチオピア航空及びスターアライアンスのビジネスクラス搭乗者のみ対象

ビジネスクラス乗客用のラウンジ入口
ビジネスクラス乗客用のラウンジ入口

*シェバプラチナ・スターゴールドラウンジ:スターアライアンスゴールド会員でエコノミークラス搭乗者対象

スタアラゴールド会員でエコノミー乗客用のラウンジ入口
スタアラゴールド会員でエコノミー乗客用のラウンジ入口

両ラウンジとも隣同士で、Cゲート(バスゲート)に向かう途中に位置します。

全体的には前者の方が充実しているので、カテゴリーに分けて違いを案内します。

因みに、シェバクラウドナインラウンジは、有料で利用も可能です。料金は、2022年4月の時点でUSD 40でした。

この記事でお見せする写真は、全てビジネスクラス搭乗客専用のシェバクラウドナインラウンジのみになります(スターゴールドラウンジはあまり自由に撮影できる雰囲気ではありませんでした)。

<ラウンジの案内>

まず、受付があります。ここで、座席変更などの発券業務をお願いする事も可能です(筆者の場合、アップグレードが無事入札された後通路側座席で発券されたので、窓際に変更してもらいました)。

受付
受付
ラウンジの案内板
ラウンジの案内板

<コーヒーセレモニールーム>*シェバクラウドナインラウンジのみ

左手すぐに、コーヒー発祥の地ならではの伝統的なコーヒーセレモニーを体験できる部屋があります。常にスタッフが常在している訳で無く、朝8時前後と、夜9時前後の出発便のピーク時のみに実施される様です。

コーヒーセレモニーの部屋
コーヒーセレモニーの部屋
淹れたてのコーヒー
淹れたてのコーヒー
乳香まで炊いて本格的です
乳香まで炊いて本格的です
エチオピアコーヒーはかなり濃厚で目が覚める
エチオピアコーヒーはかなり濃厚で目が覚める

エチオピアらしい体験をラウンジでできるとは結構個性があります。

<ラウンジの全景:メインのラウンジにたどり着くまで>

結構広いです。一番奥に更に広々としたメインのダイニングやリラックスするエリアがありますが、そこに辿り着くまで廊下沿いに区切られています。

ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
廊下
廊下
ラウンジ内のアート
ラウンジ内のアート

デザインがエチオピアの絵画や織物が展示されていたりと、面白いです。

<メインのラウンジエリア>

一番奥へ進むと、ラウンジ全体が開きます。ここが、メインのダイニングエリアでもあります。

メインのラウンジエリア
メインのラウンジエリア
メインのラウンジエリア
メインのラウンジエリア
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景
ラウンジ全景

ラウンジからはアディスアベバ市街の全景が眺められます。ボレ国際空港は市内中心部ととても近いので、このラウンジで過ごすだけでも、少し市内観光した気分になれます。

アディスアベバは標高が高い
アディスアベバは標高が高い

因みに、アディスアベバの標高は2,000メートルを軽く超えます。世界でも、3〜4位にランクインする程、標高の高い首都です。海面の標高から降り立つと、空気の薄さが実感できるかもしれません。

電源コンセントは、ソファーとソファーの間の台に設置されている事が多いです。全てのソファー付近にある訳では無いので、必要の場合はコンセントを確認してから座る場所を選んだ方が良いかもしれません。

電源コンセントとUSB
電源コンセントとUSB

<ビュッフェカウンター>

コールドミール、ホットミール共に種類はとても豊富です。エチオピア料理と西洋料理のバランスが半々ぐらい。今回は朝食の時間帯のみの滞在となります。

ワッフルとチェリーコンポート
ワッフルとチェリーコンポート

このワッフル、素朴でふわふわで美味しかった。

チキンソーセージ
チキンソーセージ

日本ではあまり見かけませんが、チキンソーセージはさっぱりして食べやすい。

オムレツ
オムレツ
ハッシュブラウン
ハッシュブラウン
オートミール
オートミール
インジェラ(酸味のあるクレープでエチオピアの主食)
インジェラ(酸味のあるクレープでエチオピアの主食)
フィルフィル(インジェラの辛いシチュー漬け)
フィルフィル(インジェラの辛いシチュー漬け)
キンチェ(エチオピアの麦団子)
キンチェ(エチオピアの麦団子)
フール(トマトの煮豆)
フール(トマトの煮豆)
ほうれん草とマッシュルームのソテー
ほうれん草とマッシュルームのソテー
ピラフ
ピラフ
オリジナルのフルーツミルクシェーク(蜂蜜入り)
オリジナルのフルーツミルクシェーク(蜂蜜入り)
大麦、蜂蜜、レモンを混ぜたエチオピアのジュース
大麦、蜂蜜、レモンを混ぜたエチオピアのジュース

上記のオリジナルジュース、かなりいけます!特にこの大麦のジュースは濃厚で健康ジュースっぽい感じでした。これらは、シェバクラウドナインラウンジのみで確認ができました。

ソフトドリンク
ソフトドリンク
ビールなど
ビールなど

ハベーシャビールなど、エチオピアのローカルブランドのものもあります。

シェバクラウドラウンジには、この他に小さなビュッフェカウンターが設置され、ここにコーヒーマシンがあります。スターゴールドラウンジはメインのビュッフェカウンターと併設されています。

<小さなビュッフェカウンター>

こちらでは、コーヒーマシンがあり、裏ではコールドビュッフェが主に提供されていました。

もう一つのビュッフェカウンター
もう一つのビュッフェカウンター
コールドビュッフェカウンター
コールドビュッフェカウンター
スモークサーモンやハム類
スモークサーモンやハム類

朝からスモークサーモンが食べれます。。。かなり豪勢です!スターゴールドラウンジでは、ハム類は提供されていましたが、流石にスモークサーモンはありませんでした。

チーズとドライフルーツ
チーズとドライフルーツ
果物
果物

筆者の選んだ食事はこれ。エチオピア飯を食べたくて、現地料理をメインに選びました。うまい!!

筆者の朝食
筆者の朝食
お代わり
お代わり

ワッフルとソーセージも大変美味しく頂きました。エチオピア航空ラウンジの食事、かなりクオリティー高いです!

さて、引き続きラウンジツアーを。シャワー室を拝見します。

<シャワー室>

シャワーが利用できるのは、朝7時からです。以前のラウンジにはシャワー室が無く、トイレもかなり原始的だったので、かなりのアップグレードです。シャワー室はトイレ付きであるのもありがたい。

シャワー個室
シャワー個室
シャワー個室
シャワー個室
アメニティー
アメニティー
フロアマットとゴムスリッパ!?
フロアマットとゴムスリッパ!?

ド派手のピンク色のフロアマットとゴムスリッパ、せっかくのゴージャスなシャワー室にミスマッチ!急に東南アジアの安宿っぽく見えてきてしまいます(笑)。

シンク
シンク

成田でシャワーを浴びれず、その後15時間近くも機内に居て限界だったので、このシャワーは本当に天の恵みでした。やっとさっぱりする事ができました。

<その他の施設>*シェバクラウドナインラウンジのみ

ラウンジの他に施設としては以下の通り:

テレビルーム
テレビルーム
リラックスルーム
リラックスルーム
マッサージルーム
マッサージルーム

このマッサージルームは滞在中誰も受付をするスタッフが居ませんでした。コロナ禍だからかもしれませんが、復活した際、マッサージが無料なのか、有料なのか興味があるところです。

キッズルーム
キッズルーム

メインエリアの一角に、エチオピアワインのバーがありました。ここでリフトバレーワインが提供される様ですが、恐らく夜の時間帯だけオープンしていると思われます。朝の時間帯は誰もスタッフが居ませんでした。

ワインバー
ワインバー
エチオピアワイン:リフトバレー
エチオピアワイン:リフトバレー

珍しいエチオピアワインは、ビジネスクラスであれば機内でも飲めます。

<新型コロナウィルス対策>

スタッフは皆マスクをしていますし、消毒アルコールも至る所に設置されています。ただ、かなり匂いがキツイです(甘い香りがして独特です)。

ビュッフェエリアでは、マスクを着用を促す注意書きがされていますが、していない利用者は結構多かったです。

至る所に消毒液が
至る所に消毒液が

<スタッフの印象>

どのスタッフも、非常に丁寧で愛想が良いです。頻繁にグラスや皿を下げてくれますし、とても居心地が良い。

<ラウンジ評価>

スタッフの対応:☆☆☆☆☆
ラウンジの快適度※:☆☆☆☆☆
ラウンジのデザイン性:☆☆☆☆☆
設備・アメニティー:☆☆☆☆☆
食事・飲み物の種類:☆☆☆☆☆
食事・飲み物の質:☆☆☆☆☆
※体験時の混雑状況も重なるので、必ずしも参考になるものではありません。

<ラウンジの印象>

5時間近く滞在しましたが、率直にもの凄く快適でした。一番混雑が厳しい午前8時前後でもソファーを確保できましたし、優雅に過ごす事ができました。恐らくアフリカで一番良い空港ラウンジでしょう。今まで筆者が体験したビジネスクラスラウンジの中でも、トップ5位に入ります(旧イスタンブールのターキッシュやANAラウンジレベル)。

エチオピア航空、頑張りました!このラウンジで、かなりエチオピア航空によるアディスアベバ乗継の株が上がります!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

2022年11月の電気代

超極端:今度は安すぎる電気代

今暮らしている賃貸物件。基本的に平日はずっと自宅に引きこもり状態です。 大家からもらった最新の電気代請求書。 このブログを読まれている方はご存知かもしれませんが、2022年7月に一番最初に請求された電

もっと読む>
サウスデリーの住宅街

デリー?ニューデリー?違いは何?

インドの首都は?と聞かれたら、普通何と答える? ニューデリー 正解! じゃデリーは?と言われたら、何かしっくり来ない。何が違うの?? インド政府の人口調査ホームページ(Census 2011)の情報に

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top