これが本場ハウスボート!@スリナガル

ハウスボートと言えばケララを思い浮かびますが、カシミール人曰く、本当のオリジナルはスリナガルだそうです。

ケララと違うのは、スリナガルのハウスボートは岸に停泊し、移動はしません。また、停泊しているため一隻あたりのボートも大きく、ベッドルームが3部屋から4部屋あるのが普通です。各部屋にはバスルームが付いており、ダイニングエリアとリビングルーム、デッキは共同スペースとなります。場合によっては、1室のみの貸切ができるプライベート・ハウスボートがあります。

スリナガルでハウスボート!と言えば、旅行者はダル湖と言う一番大きい湖を想像しますが、実はお勧めはダル湖よりももう少し奥にあるナギーン湖が良いです。ナギーン湖のハウスボートは最上級クラスのハウスボートが並び、静寂で景色が更に美しく、本当にお勧めです。我がH2 Travelsではこちらのナギーン湖のハウスボートを手配しております。

まずはハウスボートの外観と内装から。

ハウスボート
ハウスボート
客室
客室
カシミール スリナガル ハウスボート
リビングルーム

デッキから眺める景色はこちら。

夕方のナギーン湖
夕方のナギーン湖
絵になります
絵になります
早朝です
早朝です
こちらもデッキから眺める早朝
こちらもデッキから眺める早朝

ハウスボートに宿泊中必ず一緒になるアトラクションと言えば、シカーラと呼ばれる小舟のライド。1隻に大人2名が足を延ばしながら座れ、湖の景色を楽しめます。

ハウスボートにやってきたお菓子売りのおじさん
ハウスボートにやってきたお菓子売りのおじさん
シカーラから眺める景色
シカーラから眺める景色
渡り鳥のシラサギが獲物を獲得しました
渡り鳥のシラサギが獲物を獲得しました
湖面から飛び立つシラサギ
湖面から飛び立つシラサギ
静かに釣りをするおじさん
静かに釣りをするおじさん
笑顔満面のおばちゃん
笑顔満面のおばちゃん
ハスの葉:もうしばらくしたら花が咲きます
ハスの葉:もうしばらくしたら花が咲きます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿

治療室

インドで歯科矯正を決定!

30代後半になったここ数年、自分の歯並びに対して若干コンプレックスを感じる様になりました。友人からは「そんなに悪くないんじゃないかなぁ」とか、日本でかかりつけの歯医者さんも「綺麗な歯並びしていますね」

もっと読む>
大皿の料理は食べきらなくてOK

インドの家庭での食事マナー

なんてタイトル作っちゃいましたけど、それほど語れる程の人間ではありません(汗)。あくまで、二週間程インド人の友人宅に居候させてもらった時に観察したことや、知り合い宅での経験を記載します。 尚、一口にイ

もっと読む>
ホーズカース・ビレッジの夕焼け

体感温度52℃:湿度が敵!

先日2022年6月28日のヒンドゥスターンタイムスの記事。 2022年6月26日の湿球温度が今年最高の32℃。湿球温度って何?と調べたら、気体と蒸気のバランスを測る数値?みたいなちょっと理解しづらかっ

もっと読む>
ザ・オベロイ・ニューデリー外観

やっぱりオベロイホテルは最高!

以前からイチオシしていたインドのホテルブランド、オベロイホテルズ。このホテルでは従業員が徹底した教育を受け、チームワークがしっかりしています。サービス面では世界最高峰レベルだと思います。 また、このホ

もっと読む>
 

アーカイブ

過去投稿
Scroll to Top